読みもの

六曜の意味と決め方

六曜とは

六曜とは、中国で誕生した、その日の吉凶を示す指標です。1日の中の縁起の良い時間や悪い時間、その日行うと縁起の良いことや悪いことを教えてくれます。六輝(ろっき)とも言います。

もともと中国では時間を占うものとして使われていて、日本に伝わった後もしばらくは時間の吉凶を占うものでした。

仏滅などの仏教と関連したような言葉が使われていますが、仏教とは全く関係がありません(むしろ仏教では占いは信じられていません)。例えば「友引の日は葬儀を避けるべき」と言われますが、六曜と仏教は関係がないので友引でも葬儀をする宗派はあります。

六曜の意味

先勝(せんしょう/せんかち)
  • 「先んずれば即ち勝つ」の意味
  • 午前は吉。午後は凶
  • 急ぎ事、願掛け、勝負事を行うのに良い
友引(ともびき)
  • 「友人を引き連れてしまう」という考えから、葬儀は避けるべき日。お祝い事は吉
  • 朝、夕が吉。昼は凶
  • 「現状維持」という意味もあり、環境を変えるには難しい日
先負(せんぶ/せんまけ)
  • 「先んずれば即ち負ける」の意味
  • 午前は凶、正午から吉
  • 急ぎ事や争いを避けて、静かに穏やかに過ごすのが良い。午後から動くことで吉を呼び込める。
仏滅(ぶつめつ)
  • お祝い事や祭りごとは避けるべき。特に物事を行わず静かに過ごすべき。
  • 一日を通して凶。
  • 「ものごとが滅びて新しくはじまる日」という解釈もある。
大安(たいあん)
  • 「大いに安し」の意味。
  • 一日を通して縁起が良い。
  • お祝い事や祭りごと、願い事を行うのに良い。
赤口(しゃっこう/しゃっく)
  • 午前11時~午後1時頃の正午のみ吉。他は凶。
  • お祝い事や引っ越しなど縁起を担ぎたい行いは避けるべき。

六曜の決め方

六曜は、旧暦の日付をもとに決められています。

旧暦の毎月1日の六曜は固定されていて、例えば旧暦の1月1日は「先勝」、2月1日は「友引」と決まっています。

旧暦の1日の六曜
1月、7月 先勝
2月、8月 友引
3月、9月 先負
4月、10月 仏滅
5月、11月 大安
6月、12月 赤口
閏月は前の月と同じ

固定された1日の六曜から月末まで「先勝 → 友引 → 先負 → 仏滅 → 大安 → 赤口」の順番にひたすら繰り返されます。

その月最後の日がどの六曜で終わったとしても、次の月の1日は強制的に固定された六曜にリセットされ、また順番どおり月末まで繰り返される仕組みです。

つまり旧暦の時代には、六曜は月日で決まっていました。例えば旧暦の1月をカレンダーにしてみましょう。

旧暦の1月
先勝 友引 先負 仏滅 大安 赤口
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

見てわかる通り、旧暦の時代には、六曜は今の曜日のように分かり切ったものでした。「土曜日は仏滅で何事も凶、日曜日は大安で祝い事に吉」と言っているようなかんじです。

誰でもわかるものだったためにありがたみが感じられず、占いとして使われないばかりか、カレンダーにも暦注として書かれていませんでした。

暦注:暦に記載されるその日の日時・方位などの吉凶、運勢など

しかし、新暦に変わった今では、多くのカレンダーに六曜が書き込まれています。

これは明治の改暦時に「暦注のような迷信は全てカレンダーから消す」と国が決めたとき、日にちだけの暦は味気ないと感じた人々が、「これは暦注とは言えないですよね…?」と六曜を暦に書き出したことがきっかけです。

そして、新暦に変わったことで旧暦とのズレが生まれ、「何か特別な方法で決められているのでは?」と六曜に神秘性やありがたみが感じられるようになりました。結果、今ではお祝い事や引っ越しなどの日取りを決める際に活躍する、代表的な暦注となりました。

きじまろくん
この記事をシェアする